旅好きスイーツ(笑)OL,社畜旦那のマイルで飛ぶ

休みが取りづらい社畜生活の合間を縫って、色んなところに旅をしています

バルセロナ地下鉄スリの実情!手口解説 in 2016 summer②

バルセロナの地下鉄であわやスリに遭いそうになった件

 

 

(地下鉄3回目)アラブ系?白人?のカップル

私たちは中心地でディナーをし、ワインを楽しみ、土産物を買ってホテルに帰ろうと地下鉄に乗った。ここで事件は起こった。旦那はほろ酔いで顔が赤いがなんとかサングラスで隠している。酔っているから警戒心はまるで感じない(酷)ぽわ~んとした感じ。

 

1組のカップルが近づいてきた。電車の混み具合に対して明らかに旦那に近づきすぎだと思ったので、私の頭は コイツらあやしい、絶対スリや と厳戒態勢をしいた。

女の方が旦那の横に立っている。絶対すらせてなるものかと、私は厳しい表情をしてカップルの女の手元をじーっと見つめていた。しびれをきらせたのか、

 

 

男の方が私に英語で「○○○という駅は何番目かな?」とドア上の地下鉄マップを指差しながら言ってきた

 

 

私は一瞬えっ!?と思いマップを振り返ったが、すぐに「あかん!これで視線を外して財布スる気や!!!」と我に返り、男に対して「I don't know English! I don't know English!」と連呼し女の手元を睨み付けた。すると、「英語できるやん」的なことを言いながらカップルは次の駅でそそくさと降りていったのだ。

すぐさま旦那にズボンの腿のポケットを確認したところ財布は無事だったがボタンは開いていた。

私はスリから旦那を守ることが出来たものの、プロの手口にぞっとした。膝ポケ腿ポケにカード類を入れているのは現地人にとってもスリにとっても常識なのだろう。

 

 

 

しかも旦那は海外出張を何十回もしていてアフリカとか危険な国にも行ったことがあるのに・・・

スリ対策として、汚い服だとすられないとか現地在住を装えとか色々言われてるけど、どうやってても観光地に居る以上、観光客チョロいぜ狙ってやるぜと思われてるよ。

貴重品は首からさげるか、腰に巻いて服の下に隠すかだよね。


 

 ちなみに私はスペインでは薄型ウエストポーチにパスポ&クレカ&Eチケット控を入れていました。周遊型のツアーで毎日ホテルが変わる場合やブランドショッピングして免税手続きをしたい時はホテルのセーフティーボックスではなくパスポートを持ち歩くことになりますから☆

旦那はもっぱら首下げ派です。

 

 

バルセロナに限らず全方位注意を払ってくださいね・・・

 


 

 

バルセロナ地下鉄スリの実情!手口解説 in 2016 summer①

バルセロナの地下鉄にスリがいるというのは旅行ガイドや旅行ブログ、経験談などで耳にするかと思いますが、現地在住の人が直接教えてくれた有力なスリ対策が何とも無力だったので体験談としてお伝えしたいと思います。

f:id:sweetshachiku:20170807211458j:plain

 

地下鉄に3回乗って3回ともスリ(らしき人物)を見た

 

1回すられそうになった!

 

 

私と夫と初めてのスペインでした。ツアー参加でしたがバルセロナで1日自由行動があったので地下鉄を活用しました。バルセロナのスリ事情はネットで見て予防というか対策していったつもりでした。

 

さらに現地在住数十年のガイドの男性に教わった財布の持ち方、

ズボンの膝や太腿のチャックつきのポケットに入れるそう。

 

旦那は丁度似たような格好だったので、早速カード1枚と数十€だけ入った小銭入れをボタン付の太腿のポケットに入れた。

 

 

 

(地下鉄1回目)ドアの近くにキョロキョロする男(スペイン人風の顔立ち)

あきらかにターゲットを探している模様。私たちは長椅子の真ん中に座っていたので問題なし。奴が先に降りてくれたのでよかったが、入り口の近くでターゲットを探すタイプはバッグとかかっぱらって逃げるスタイルではないかと思う

 

 

(地下鉄2回目)ひょろひょろしたヨレヨレTシャツの男(浅黒い肌)

地下鉄内をくまなくねり歩きターゲットを探している。私たちは長椅子の前に立った。入り口付近に立つのは危険だと事前情報を得ていたからである。無事に終わった。

 

 

 

地下鉄1回目のとき、正面に座っていた20スペインギャルから私の手元に視線を感じた。そう、私は折角の旅行ということでネイルアートをしていたのです。しかも「スペインだし~」と派手目なネイルを・・・

どうやらバルセロナではアメリカのようなネイルアートは一般的でないよう。マニキュア程度しかしないようで、私のようにキラキラ派手派手ネイルはギャル達の関心を引いたみたい。過去にクリスマスシーズンのロンドンに行った時やバカンスシーズンのミュンヘンでは結構ネイルアート(ツートーンぐらいの)をしているマダムをお見かけしたのでヨーロッパでも日米同様ネイルアートがポピュラーなのかと思っていました。きっとそれも現地人ではなく観光客だったのかもしれません。

 

以降、私は地下鉄に乗る際は手元を隠して悪目立ちしないように気をつけることにしました。

 

CHARTY WOMEN

海外ホテルのダブルブッキングを100%回避する方法①

 

今回チェコを訪れる際、数年前にプラハに旅行に行ったことのある知人にどんな感じだったのか体験を聞きました。

 

旅行会社の個人ツアーで行ったのにホテルがダブルブッキングで系列ホテルまで歩いて移動させられ、その連れて行かれたホテルも間違っていたので更に歩いて・・・

 

Oh・・・

 

旅行会社を通したツアーでもダブルブッキングの可能性があるのか。

今回私たちは個人手配だしダブルブッキングは絶対避けたい!

回避する方法はあります。 

じゃらんバザール

 

回避方法①

ホテルに空港送迎手配の依頼をする

たいていのホテルはホームページを持っていて、空港送迎やホテル内レストランやスパの予約ができるようになっています。

空港送迎をホテルで手配すると約4,500円位でした。地域最安より1,500円位高いみたいでしたが、安心料だと思い依頼しました。ぼったくりタクシーに遭ったり空港バス降り場から重い荷物を引き石畳の上を移動するのはあまりおすすめできません。ホテルの送迎車は大体高級車なので快適ですよ♪眠ってしまっても心配ありません。

メールフォームで予約のやりとりです。

・滞在予定

・人数

・到着便

・名前

・メアド

以上の情報を伝えると、往復送迎か片道か、その金額や待ち合わせ場所情報などが送られてくるのでこちらの希望内容を返信して予約を確定させます。大体メール2、3往復で予約確定です。滞在予定日の1~2週間前位に予約するのが、早すぎず遅すぎずで良いと思います。

 

私たちは空港→ホテルの片道送迎です。

まぁ帰りは空港ではなく鉄道駅に向かう予定だったので、ホテル→鉄道駅は流行のUberをつかいました。私は空港→ホテルのUber手配は推奨しません。なぜならいろんな方のブログで空港で待ち合わせ失敗し別の手段で移動したという記事が出ていたからです。空港のような大勢の人が待ち合わせしている場所では初めて会う車をみつけるのは困難ですよね。その点有料送迎サービスなら名前を書いたボードを出口で掲げて待っていてくれるので見つけやすいです。夜や早朝なら一般タクシーよりも安全ですよ。

 

同様にホテル内のレストランやスパの予約依頼もダブルブッキング回避になります。

滞在客の有料手配ということですね。ちゃんと滞在日を告げた上で予約しているのならばプライオリティは上がりますよね

 

 

次回はケチ節約家な人向け、無料でダブルブッキング回避術です。

 

 

 

フランクフルト空港シェンゲン内ルフトハンザ航空ビジネスクラスラウンジ2017.7

ルフトハンザ航空の本拠地フランクフルト空港のシェンゲン域内ラウンジ♪

フィンジア

 

スタアラゴールド持ちの人が利用できるセネターラウンジと、

ビジネスクラス搭乗者orスタアラゴールド持ちの人が利用できるビジネスクラスラウンジの2種類がある模様。

両方行って比べたい気持ちはあったけど、日本からの11時間を越える長距離フライトに疲れていたのでゲートに近いビジネスクラスラウンジにGO

A26の辺りをエスカレーターで1つ上の階へのぼります。

 

f:id:sweetshachiku:20170730112028j:plain

 

 

スタイリッシュな空間。

入り口入ってバーエリア、右手にフードエリア、左手奥にシャワー室もあります。

窓側のソファーからバーエリアを望む↓

f:id:sweetshachiku:20170729231221j:plain

こちらのバーコーナーではビールはもちろんのこと、カフェも入れてくれます。

 

 

 

 

ワインやシャンパンはフードエリアにも冷やしてありました。

f:id:sweetshachiku:20170730112415j:plain

 やっぱりフランクフルトと言えば・・・

 

じゃじゃ~ん!

 f:id:sweetshachiku:20170730112042j:plain

 フランクフルトソーセージ

うまうま(^▽^)

 

酸味があるポテサラもおいしかったです。

 f:id:sweetshachiku:20170730112049j:plain

 

これが軽めの夕食となり、お腹いっぱいで次のフライトの機内食はパスしました。

 

 

 

 

 

フランクフルト乗継 カメラはどうする?

先日フランクフルト乗継でチェコオーストリアに行ってきました。

もちろん社畜旦那のマイルです☆

キャッシュパスポート

懸念事項がひとつ。

 

フランクフルト乗継においての税関申告。

数年前にフランクフルトの税関が仕事用PCや観光客の高級カメラにも申告しなかったとして課税や没収を行ったということが話題になりました。

今まで私がフランクフルト経由で乗継したときはそのような高額カメラなどもって行かなかった為悩む必要がありませんでした。

今回は社畜旦那が20万以上するようなカメラを持っていくので、万一引っかかったら嫌だなと素直に申告書類を用意しました。(良き妻!)夫は無関心

 

 

A4コピー用紙に

Canon €2,000 bought in 2009 」的な・・・

えぇ、失笑ものですね。しんこくしょ(笑)

 

 

乗継案内に従いAゲートを目指す。

途中シェンゲン乗継用の入国管理の列に並ぶ。

行き先と日数を答えると目の前に緑のゲート赤のゲートがありました!

これが税関だろう。

正直に申告するのだ!と息巻いてきたものの

赤のゲートに係員誰もいない(笑)拍子抜けすぎる

全員緑のゲートに進み、私たちも“しんこくしょ”を見せることなくスルっと抜けました。その後手荷物検査では他の国と同様、PC、カメラ、iphone等電子機器全部出しましたが何のチェックもされず普通の手荷物検査の模様。

人間が通るゲートはアメリカと同じで万歳して機械がグルッと一周するやつでした。

 

 

その後ゲートの方向に進み途中にあったルフトハンザ航空のビジネスクラスラウンジに入室しました。

キャッシュパスポート

 

 

 

 

ヒルトン無料宿泊その後

ヒルトンハワイアンビレッジから帰国後、ちょうど3か月後に大阪のHGVCから電話がありました。


滞在はいかがでしたか?

購入をご検討いただけましたでしょうか?

またホテルの体験をご案内できますがいかがでしょうか?←(詳しく聞かなかったけど、ヒルトン大阪で説明を受けたときに提示された4泊$990か何かのことだと思われる)


以上のような感じの電話がありました。ハワイのヒルトンが素敵な滞在であったことを感謝して、丁重に御断りしました。


エミレーツ航空ビジネスクラスラウンジ② 知る人ぞ知るショップ仕様のコーヒースタンド

あまり注目されていないことかもしないけれど、個人的にこのラウンジで一番ウリだなと思ったのが、ショップ仕様コーヒースタンドです。

 

ラウンジ入って中央には水回りコーナーとその奥にフードコーナー、そして取り囲むように色んな種類の椅子やテーブルがたくさんあります。皆さん奥のフードコーナーやバーエリアを楽しみにしていると思いますが、ラウンジ入って右手すぐにショッピングモールや街中にあるような店舗仕様のコーヒースタンドがあります。

 

店員?さんが入っていてラインナップも沢山ありほんとのお店みたい(^^)

私はカフェモカを注文しました。スタバみたいな持ち歩きカップに入れてくれます。手前の方にクッキーもあるぅ~~♡

 

無料や

 

見た目完全にショップ仕様なので、私の前に注文していた白人のおじ様はクッキー気になるけどお金かかるのかなぁ…と気になっていたのか、私がタダでGETする様を見て即 me too してました━*1他にもコーヒーばかりでなくスッキリ系ドリンクがあったと思います。何のんだか忘れちゃった(笑)スムージー的なものも飲んだような…

 

TADAなんやDE

 

 

 

*1: ´艸`